トリシェECB総裁、インフレ抑制重視に近く変化も-成長鈍化で

インフレと信用逼迫(ひっぱく)の解消に 同時に取り組んでいる欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は、近くどちら か一方を選ばなければならないかもしれない。

トリシェ総裁は欧州議会で19日、物価安定と銀行の融資促進に向けた努力 は「完全に別々のものだ」と言明。ドイツ銀行や英銀ロイヤル・バンク・オブ ・スコットランド・グループ(RBS)、米モルガン・スタンレーのエコノミス トは、信用コスト拡大が景気全般に悪影響を与えるなか、総裁はイングランド 銀行や米連邦公開市場委員会(FOMC)に追随し、利下げを強いられる可能 性があるとみている。

RBSの経済・金利ストラテジー担当責任者ケビン・ゲーナー氏は「EC Bが2つの目標を両方とも達成することはできない」と指摘。「6カ月間低迷 が続いている信用市場を一時的に支える一方で、これまでと変わらないリスク 認識に基づいた金融政策を密かに続けて行くことはできない」と語った。

トリシェ総裁の19日のコメントは、ECBが銀行に現金を供給し続ける一 方で物価抑制のために政策金利を6年ぶりの高水準のまま据え置く意向である ことを示した。これに対してイングランド銀とFOMCは、信用状況の大幅な 悪化が実体経済にすでに影響をもたらしており、利下げを正当化しているとの 立場だ。

現金の蛇口

ECBは、米サブプライムローン(信用力の低い個人向けの住宅融資)担 保資産の大幅な目減りで銀行間融資が低迷しているにもかかわらず、政策金利 の据え置きを続けている。

その一方で8月9日には緊急資金として、950億ユーロを市場に供給。今月 18日にも過去最高となる3490億ユーロを供給した。トリシェ総裁は、今後数週 間は投資家にとって「困難な」時期になる可能性があるとの見方を示している。

ドイツ銀行の主任欧州エコノミスト、トーマス・メーヤー氏は「ECBは、 短期金融市場への対応で良いスタートを切ったが、金融政策が後手にまわるリ スクはあると思う」と指摘。「問題が短期金融市場だけに限られた技術的なも のとは思わない」と語った。

イングランド銀は今月、米同時テロ以降初めて全会一致で利下げを決定。 FOMCは9月以降計3回の利下げを実施した。カナダ中銀も4日、予想外の 利下げに踏み切った。

企業景況感

今週発表された経済指標は、信用逼迫がユーロ圏経済にすでに打撃を与え ている様子を示した。12月のドイツのIfo企業景況感指数はほぼ2年ぶりの 低水準を記録。ユーロ圏の製造・サービス業の景況感指数もここ2年余りで最 も低い水準だった。

モルガン・スタンレーの共同主任グローバル・エコノミスト、ヨアヒム・ フェルス氏は「ECBが180度転換を強いられ、次の一手は利下げとなる」と 語った。

それでもトリシェ総裁はじめECB当局者は、インフレ圧力を無視するこ とはできず、利下げ実施にはさらなる景気鈍化の兆しの確認が必要との考えだ。

11月のユーロ圏の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比3.1%上昇と、 2001年5月以来の高い伸びを記録。原油や食品価格が大幅に上昇し、賃上げ要 求が強まるリスクが高まった。ECBは、今年のインフレ率が2.1%、来年が

2.5%になるとみている。

トリシェ総裁は19日、中期的な物価動向について「明らかに上振れリスク がある」との見通しを示した。

英経済予測コンサルタント、ロンバート・ストリート・リサーチのディレ クター、ガブリエル・スタイン氏は、ECBが景気拡大を損ない、市場危機へ の対応のうまさに対する評価を下げる恐れがあるとしている。

スタイン氏は「ECBは来年初めに厳しい試練に直面する可能性がある」 と指摘。「市場金利を引き下げる最近の取り組みが失敗すれば、ECBは政策 の選択肢を失う可能性がある」との見通しを示した。

-- Editor: Riad Hamade, Daniel Moss

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Simon Kennedy in Paris at +33-1-5365-5052 or skennedy4@bloomberg.net; John Fraher in London at +44-20-7673-2058 or jfraher@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Riad Hamade at +49-69-9204-1214 or rhamade@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE