自工会:08年の国内新車需要は前年比1.2%減の532万台-4年連続減

日本自動車工業会(自工会)は20日、 2008年の国内新車販売が4年連続のマイナスになるとの見通しを発表した。登 録車販売が5年連続のマイナスになるほか、軽自動車もマイナスになるとみてい る。

自工会の張富士夫会長(トヨタ自動車会長)が同日開いた定例記者会見で明 らかにした。それによると、08年の新車需要は07年見込み比1.2%減の531万 9400台を予測している。このうち登録車は同0.8%減の342万7400台、軽自動 車は同2.0%減の189万2000台となる見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE