米シティ:仕組み債グループで約30人解雇-CDO関連は人余り(2)

米シティグループは仕組み信用商品グルー プの従業員約30人を解雇した。住宅ローン市場の崩壊で同グループの業務が 減少したことが理由。関係者3人が19日までに明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、今回の解雇で同グループの 人員は3分の1近く減少した。先週シティの最高経営責任者(CEO)に就任 したビクラム・パンディット氏は業務コストを全面的に見直すと述べていた。 問題のグループは住宅ローン関連の債務担保証券(CDO)の組成を手掛けて いた。このような証券はシティグループだけで少なくとも90億ドル(約1兆 190億円)の損失を発生させた。

投資家は米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンの焦げ 付き増で住宅ローン関連証券の格下げが相次ぐなかで、これらのCDO購入を 手控え、CDOの発行は急減した。

住宅ローン担保証券投資のアドバイスを提供するアンドルー・ダビッドソ ンのアンドルー・ダビッドソン社長は「仕組み金融証券、中でも住宅ローン関 連の発行は低迷しており、近い将来に回復する可能性はほとんどない」と話し た。

米メリルリンチも人員削減を発表する可能性がある。同社は住宅ローンお よびCDO関連部門の管理職に、年末の賞与を平均で80%減らすことを指示し たという。ダビッドソン氏は、一部の金融機関はCDO関連のトレーダーやバ ンカーを配置転換で残そうとするかもしれないが、「ブーム時に必要だった人員 すべての分の職を確保することは恐らくできないだろう」と話している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE