英バークレイズなど金融4社の株式投資判断を引き下げ-ゴールドマン

更新日時

ゴールドマン・サックス・グルー プは19日、信用市場の懸念を理由に、英銀3位バークレイズと仏銀4位 のナティクシスの株式投資判断を「中立」から「売り」に引き下げた。 また、スイスの銀行UBSと英住宅ローン最大手のHBOSについては 「買い」から「中立」に引き下げた。

ゴールドマンは顧客向けリポートでバークレイズとナティクシスを 「確信的売り」リストに追加した。

クリストファー・マルマー氏をはじめとするゴールドマンのアナリ ストは「金融業界全体に及ぶ評価損や、潜在的利益トレンドに関する悪 いニュースが引き続きバークレイズを圧迫すると予想している」と説明 した。

ゴールドマンによると、バークレイズはサブプライム(信用力の低 い個人向け)住宅ローン関連で50億ポンド(約1兆1300億円)、レバ レッジドローンで70億ポンド、債務担保証券(CDO)で50億ポンド の引当金が必要となる可能性があると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE