日本株は金融中心に反発へ、米モルガンSの資本増強で信用不安和らぐ

東京株式相場は、7営業日ぶりに反発す る見通し。米モルガン・スタンレーが資本増強を発表したことで、信用不安の 過度な悲観が緩和されて銀行など金融株に下値で見直し買いが入りそう。デー タベースソフト最大手の米オラクルの好決算による業績期待から、電機株も高 くなる可能性がある。配当利回りや原油高が追い風となる商社株なども、上昇 する公算が大きい。

野村証券金融経済研究所の若生寿一シニアストラテジストは、「年末が接 近して相場の出来高が減少し、上下に振れやすくなっている」と指摘。その上 で、日経平均株価が1万5000円を下回る局面は割安感が強まるとの市場参加 者の認識があるとして、「配当利回りの高い商社株や自動車株などを中心に底 固めの展開が予想される」(同氏)とした。

三菱商事の配当利回りは1.7%、三井物産は2%、トヨタ自動車は2.3%、 ホンダは2.4%。

シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物3月物の19日清算値は1万 5210円で、大阪証券取引所の通常取引終値(1万5090円)に比べて120円高 だった。

モルガンSに中国が出資、邦銀は拠出見送りへ

米証券大手のモルガン・スタンレーが19日発表した9-11月期(第4四 半期)決算は、住宅ローン関連証券への投資で94億ドルの評価損を計上した ことで最終損益が市場予想を上回る赤字となった。ただ、中国の政府系投資フ ァンドの中国投資公司から50億ドルの出資を受け、株価は前日比2.01ドル (4.2%)高の50.08ドルと上昇した。

また、20日付の日本経済新聞朝刊によると、三菱UFJフィナンシャ ル・グループと三井住友銀行、みずほコーポレート銀行のメガバンク3行は、 大手米銀から要請のあったサブプライム対策基金に対する融資枠の設定を見送 る方針を固めた。融資枠が50億ドルと巨額な上、貸し倒れリスクが不透明だ と判断したとしている。

日本の銀行株はサブプライム関連の損失額が欧米銀行に比べて相対的に少 ないことから、基金への拠出は収益面へのプラスにならないとされて株価が下 落する一因となっていた。モルガンSの資本増強による信用不安の後退、金融 安定化期待などとともに、銀行など金融関連株には支援材料となりそうだ。

オラクルが好決算

データベースソフト最大手の米オラクルが19日の通常取引終了後に発表 した2007年9-11月(第2四半期)決算は、新製品やサポート契約の受注好 調で、前年同期比35%増益となった。一部項目を除いたベースの1株利益は 31セントとなり、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想の同 27セントを上回った。株価は時間外取引において終値比1%高で推移してい る。

新光証券USAの村上実奈子ヴァイスプレジデントは、「ハイテク設備投 資動向を占うとして注目されたオラクルが好決算となったことで、20日以降 はハイテクやパソコン関連に買いが入る可能性がある」と見ていた。外国為替 市場ではやや円安が進展していることも安心感となり、電機株は買いが増加す ると予想される。

米小売売上高は減少

もっとも、相場の上値も限定されそうだ。調査会社ショッパートラックR CTが19日発表したところによると、米年末商戦の売上高は3週連続で減少。 ガソリン高に、悪天候が追い打ちをかけており、今年の年末商戦は過去5年で 最も低調に終わる可能性があるという。19日の米国株市場では、米ディスカ ウントチェーン2位のターゲット小売株中心に軟調な動きとなり、米国景気へ の懸念が残る状況では積極的に上値を買いにくいとのムードも根強いとみられ る。

米主要株価3指数の終値は、S&P500種株価指数が前日比前日比1.98 ポイント(0.1%)安の1453ポイント、ダウ工業株30種平均は同25.20ドル (0.2%)安の1万3207.27ドル。ナスダック総合指数は4.98ポイント (0.2%)高の2601.01だった。

鉄鋼株や日揮が上昇見込み

業種・個別では、11月の粗鋼生産量が前年同月比1.1%増と18カ月連続 で前年実績を上回った鉄鋼株、サウジアラビア向けのエチレンプラントを受注 したと20日付の日本経済新聞が伝えた日揮、第3四半期累計の連結営業利益 が2008年2月通期計画を上回った乃村工芸社などが上昇の見込み。

半面、事業撤退費用や課徴金の計上から07年12月期の連結純利益予想を 引き下げた旭硝子、08年10月期連結営業利益が前期比28%減と大幅な落ち込 みを計画しているクミアイ化学工業には売りが先行しそう。

--共同取材:曽宮 一恵  Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Nicolas Johnson +81-3-3201-8343 nicojohnson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE