米オラクルの9-11月:35%増益、予想上回る-時間外で株価上昇

データベースソフト最大手の米オラクルが 19日発表した2007年9-11月(第2四半期)決算は、新製品やサポート契約 の受注好調で、前年同期比35%増益となった。

純利益は13億ドル(1株当たり25セント)と、前年同期の9億6700万ド ル(同18セント)から増えた。売上高は前年同期比28%増の53億1000万ドル。 一部項目を除いたベースの1株利益は31セントとなり、ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたアナリスト予想平均の同27セントを上回った。買収した企業の 保守契約からの収入を含めた売上高は53億6000万ドル。アナリストは50億3000 万ドルを予想していた。

決算は通常取引終了後に発表された。株価は時間外取引で一時、85セント (4%)高の21.61ドルを付けた。通常取引の終値は前日比49セント安の20.76 ドル。

ラリー・エリソン最高経営責任者(CEO)は他社買収で規模を拡大し、 7四半期連続で20%超の増収を達成している。最も収益率の高いサポート事業 も利益拡大に寄与した。モルガン・スタンレーのアナリスト、ピーター・クパ ー氏は「厳しい環境での堅調な業績に投資家は拍手を送るだろう」と評価した。

将来の収入の目安となる新規ライセンス収入は38%増の16億7000万ドル。 9月時点の同社見込みは最大25%増の15億1000万ドルだった。

主力のデータベースの新規ライセンス収入は29%増の11億2000万ドル。 応用ソフトは63%増の5億5300万ドルだった。

保守契約からの収入は24%増の24億9000万ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE