企業の信用格下げリスク:12月も上昇、68%が米企業-S&Pリポート

米格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)は19日付のリポートで、社債発行企業の格下げリスクは12 月も引き続き高まっていると指摘した。特に米国企業のリスク上昇が著しいと いう。

同リポートによると、格下げリスクのある企業は前月比2社増えて世界で 662社。過去1年の月間平均と比較すると27社多い。格下げリスクのある企業 のうち68%は米国企業、欧州は17%だった。

S&Pの世界債券調査責任者ダイアン・バザ氏は、特にリスクの高いセク ターとして、「消費財メーカーやメディア、エンターテイメント産業の格下げ リスクは今年、月間リポートで毎月のように取り上げられている」と述べた。 また同氏は、「選択的消費部門の軟調さは、景気減速や住宅不況、エネルギー 価格の高騰に伴うネガティブな影響を考慮すると驚くことではない」と記述し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE