韓国大統領選:投票締め切り、李明博候補の優位変わらず-出口調査

19日投開票の韓国大統領選挙は国内の主要 テレビ局が、保守系野党ハンナラ党の李明博(イ・ミョンバク)候補のリード を伝えている。投票はソウル時間午後6時(日本時間同じ)に締め切られた。

韓国放送公社(KBS)と文化放送(MBC)の共同出口調査によれば、 前ソウル市長の李明博候補の得票率は50.3%で、大統合民主新党の鄭東泳(チ ョン・ドンヨン)候補は26%となっている。無所属で元ハンナラ党総裁の李会 昌(イ・フェチャン)候補は13.5%。

株価操作事件への関与疑惑が浮上したにもかかわらず、李明博候補優位の 情勢は変わっていない。捜査当局はこの疑惑について、不正関与なしと発表し ている。

このほかの出口調査でも同様の結果が出ている。SBSテレビの調査では、 李明博候補の得票率は51.3%、鄭候補が25%、李会昌候補は13.8%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE