中国株(午前):CSI300指数、2週間ぶり大幅高-中国石油化工高い

19日午前の中国株式相場は上昇。CSI 300指数がここ2週間で最大の上昇となっている。国有企業が上場企業の保有 株を「大量」に売却しないとの報道が好感された。中国石油化工(Sinop ec)が高い。

大衆保険で4100万ドル相当の資産運用に携わる呉侃氏(上海在勤)は「こ の報道は、投資家の主な懸念の1つが近い将来には実現しないことを保証した」 と指摘し、「これが買い意欲を高めている」との見方を示した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比117.52 ポイント(2.4%)高の4947.42と、5日以来の大幅上昇となっている。この ままいけば終値ベースでも3日ぶり反発となりそうだ。前日までの2日間で 3%下落していた。

アジア最大の製油会社、Sinopec(600028 CH)は0.77元(3.7%) 高の21.76元。中国2位の携帯電話会社チャイナ・ユニコム(中国聯通)を傘 下に持つ中国聯合通信(600050 CH)は0.92元(9.4%)高の10.68元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE