米スプリント・ネクステル:ダニエル・ヘッセ氏を新CEOに指名

米携帯電話会社3位スプリント・ネクステ ルは18日、新最高経営責任者(CEO)にダニエル・ヘッセ氏(54)を指名し たと発表した。ここ5四半期で100万人余りの顧客を失った同社は、2カ月前に ゲーリー・フォーシー前CEOを更迭した。

ヘッセ氏はそれまで、スプリントからスピンオフ(分離・独立)された地域 電話会社エンバークのCEOを務め、コールセンター閉鎖やサービス開発により 同社の利益減少ペースを鈍化させることに貢献した。通信業界には25年余り携 わっている。

スプリントは、ライバルの米AT&Tなどに顧客を奪われるなか、株価が今 年に入り27%下落。ヘッセ氏は、人員削減などエンバーク時代と同様の経営戦 略を取る可能性がある。

スタンフォード・グループのマイケル・ネルソン氏は、ブルームバーグ・テ レビとのインタビューで「エンバークの経営が非常に厳しい時期に素晴らしい仕 事をした」と評価した上で、スプリントは「マーケティング戦略を立て直さなけ ればならない。魅力的な携帯電話を取りそろえてはいるが、マーケティング面で の強いメッセージを持ち合わせていない」と指摘した。同氏はスプリント株の保 有を継続するよう勧めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE