FRBとECB、スイス国立銀が入札を通し資金供給-340億ドル(2)

米連邦準備制度理事会(FRB) と欧州中央銀行(ECB)ならびにスイス国立銀行は19日、それぞれ期 間28日のターム物資金入札(合計で規模340億ドル=約3兆8500億 円)の落札結果を発表した。この入札は短期金融市場の信頼回復を目指 す中銀の協調政策の一環として実施された。

FRBの期間28日ターム物資金入札(規模200億ドル億円)の落札 結果によると、落札利回りは4.65%と、公定歩合の4.75%に接近した。 ECBのこの日の発表によると、ECBはドル建てで100億ドル規模の 入札を実施、スイス国立銀は40億ドルの入札を発表した。

モルガン・スタンレーのチーフ米国債・機関債ストラテジスト、ジ ョージ・ゴンキャルベス氏はFRBの入札について「これは明らかに資 金需要が存在することを示している」と指摘。「年間でも重要な時期に 差し掛かるなか、次回の一時的ターム・オークション・ファシリティー (TAF)入札金利が一段と上昇しても意外ではない」と述べた。

TAFの今回の入札では金融機関による応札総額は615億5300万ド ル。応札倍率は3.08倍だった。また参加金融機関数は93社に上った。

サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連証券の損失 に対する懸念が広がる中、一連の利下げでも銀行の貸し渋りが緩和され ないため、FRBはTAFを設定した。20日にも最大200億ドルのター ム物資金入札が実施される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE