インド株(終了):下落-センセックス指数は2週間ぶり安値

インド株式市場では、センセックス30種株価 指数が下落し、2週間ぶりの安値を付けた。信用市場の逼迫(ひっぱく)や米住宅 市場の低迷で、経済成長が鈍化するとの懸念が広がった。リライアンス・インダス トリーズやラーセン・アンド・トゥブロが安い

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比181.71ポイント (0.9%)安の19079.64と、先月29日以来の安値となった。ナショナル証取上場 の50銘柄で構成するCNXニフティー指数は34.70ポイント(0.6%)安の

5742.30で終了。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス(RIL IN)は48.65ルピー (1.8%)安の2728.85ルピー。国内最大のエンジニアリング会社、ラーセン・ア ンド・トゥブロ(LT IN)は114.30ルピー(2.8%)下げ3967.80ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE