中国株(終了):CSI300指数、続落-瀘州老窖など消費銘柄が安い

中国株式相場では、CSI300指数が続落。瀘 州老窖など消費関連銘柄が安い。最近の株価上昇は収益の潜在成長性を反映した水 準を上回っているとの懸念が下落の要因。

国泰基金管理で18億ドル相当の資産運用に携わる范迪釗氏(上海在勤)は、 「消費関連株は新たな上昇局面が始まる前に一服する必要がある」と指摘。「消費 関連銘柄の株価は政府のマクロ経済政策に反して持ちこたえており、大口投資家は その保有を拡大していた。ただ、問題はそのバリュエーション(株価評価)がそれ ほど割安ではないということだ」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は前日比27.38ポイント(0.6%)安の4829.91と、4日以来の安値。取 引時間中には一時、0.5%高となった。上海証取のA株と外貨建てB株の双方に連 動している上海総合指数は0.8%安の4836.17、深セン証取のA・B両株に連動の 深セン総合指数は0.7%下げ1309.97。

四川省の蒸留酒メーカー、瀘州老窖(000568 CH)は4.39元(6%)安 の68.86元。同銘柄は前日までの2営業日で11%上げていた。酒造メーカーの貴 州茅台酒(600519 CH)は10.01元(4.7%)安の200.99元。中国で家電小売り2 位の蘇寧電器(002024 CH)は2.47元(3.6%)安の65.88元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE