豪セントロ:債務借り換え困難でも資産売却を急がず-CEO

米国でショッピングモールを保有するオ ーストラリアの不動産投資信託運用会社セントロ・プロパティーズ・グループ は18日、債務借り換えが難しくなっているものの、資産売却を急がない方針を 示した。同社の時価総額は今週、86%減少した。

アンドルー・スコット最高経営責任者(CEO)はメルボルンで電話イン タビューに応じ、「取引銀行との取り決めがあり、資産を急いで処分する必要は ない」と述べた。

90億ドル(約1兆200億円)に上る米国での事業拡大を主導した同CEO は、来年2月15日までに同社と同社が運用する上場信託向けに債務39億豪ド ル(約3800億円)を借り換える必要がある。

18日のオーストラリア証券取引所では、セントロの株価が続落し、前日比 41%安の80.5豪セントで引けた。同社の時価総額は株価急落前の48億豪ドル から6億8000万豪ドルに減少した。

スコットCEOによれば、セントロの取引銀行は豪コモンウェルス銀行と 豪オーストラリア・ニュージーランド銀行、豪ナショナル・オーストラリア銀 行、米JPモルガン・チェース、英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、 仏BNPパリバ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE