クレハ:1億ドルで新工場建設、PGA事業化-米デュポンと連携

化学大手のクレハは18日、米デュポンが保 有する米プラントの一角に約1億ドル(約113億円)を投じ、ポリグリコール酸 樹脂(PGA)の自社工場を建設すると発表した。同社は、2008年1月に米国ウ エスト・バージニア州で新会社を設立し、工場建設を進めて2010年からの商業生 産を開始する予定。数年後には単年で1億ドルの売上高を超える事業に成長させ る方針。

PGAは酸素や炭酸ガスを透過させにくく、同時に水との反応で分解しやす いなどの利点を持つポリエステル樹脂の一種。これまでは主に外科用縫合糸とし て比較的小規模な生産にとどまっていたが、クレハが独自に生産技術を開発し、 新たにペットボトルを製造する段階でPGAを加えることでペットボトルの原料 であるPETを大幅に減量することができるなどの可能性をもつ化学物質。

クレハの株価終値は前日比1円(0.2%)安の539円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE