大田経財相:リスク要因あるも「景気回復の動きは来年も持続しよう」

大田弘子経済財政政策担当相は17日午後、 日本外国特派員協会での講演後の質疑応答で、景気の先行きについて「景気回 復の動きは来年も持続するだろう」と述べる一方、リスク要因として米サブプ ライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題に伴う米経済の減速、原油価 格の上昇、改正建築基準法の施行に伴う住宅投資の減少などを挙げた。

また、米経済の減速が日本経済に与える影響については「米国経済の減速 が新興国に影響を与えれば、日本への影響も大きくなるだろう」との認識を示 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE