中国太平洋保険:上海IPOで300億元調達-中国の保険会社として2位

中国3位の保険会社、中国太平洋保険(集 団)は17日、上海市場での新規株式公開(IPO)で300億元(約4590億円) を調達したことを明らかにした。中国の保険会社による同国本土でのIPOと しては過去2番目の規模となった。

資料によれば、太平洋保険は新株10億株を1株当たり30元と、仮条件レ ンジの上限で売却した。同社は米投資会社カーライル・グループが運営するフ ァンドが経営権を握る複数の企業が、合わせて19.9%の株式を保有する。

国内の金利上昇や政府によるほかの国内の景気沈静化措置に対する懸念で 混乱した株式流通市場からの脱出を目指し、投資家は中国のIPOに押し寄せ ている。

ブルームバーグ・ニュースのデータによれば、11月1日以降に上場した国 内IPO22銘柄の株価は少なくとも59%上昇しており、パフォーマンスは同期 間に15%下落した中国株の指標のCSI300指数を上回っている。ブルームバ ーグのデータによると、今回のIPOの規模は、少なくとも1999年以来の世界 の保険会社によるIPOで4番目。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE