OPEC、来年2月の総会で生産枠引き上げも-アルジェリア鉱業相

アルジェリアのヘリル・エネルギー・鉱業 相は16日、冬期の原油需要増大が見込まれることから、石油輸出国機構(OP EC)が来年2月1月の総会で生産枠を引き上げる可能性があるとの見解を明ら かにした。

ヘリル鉱業相はインタビューで「予報では今冬は気温が低い見通しで、景気 も改善しているようだ。これは原油需要が強くなることを意味する」と指摘。 「生産枠引き上げを決める可能性は、減産を決める可能性より高い」と述 べた。

同相は来年から1年の任期でOPEC議長を務める。ベネズエラのラミ レス・エネルギー・石油相は今月、2月の総会で減産を決める可能性があると述 べていた。

14日のニューヨーク原油先物相場終値は1バレル=91.27ドルと、5日の総 会で生産枠を据え置いて以来、4%強上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE