中国:1-11月期の固定資産投資は前年同期比26.8%増-伸び鈍化

中国国家統計局が14日発表した2007年1 -11月期の都市部固定資産投資は、前年同期比26.8%増の10兆600億元(約 154兆円)となった。投資の伸びは鈍化し、融資抑制を図る政策の下、中国の 景気過熱が沈静化し始めた可能性を示唆した。

1-10月期の伸び率は同26.9%だった。1-11月期の伸び率は、ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト18人の予想中央値(前年同期比

26.6%増)を上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE