欧州:11月の乗用車販売台数、前年同月比1.1%減-ACEA(2)

更新日時

欧州自動車工業会(ACEA)が14日発 表した欧州市場での11月の乗用車販売台数は、前年同月比1.1%減の125万台 となった。独フォルクスワーゲン(VW)や仏プジョーシトロエングループ (PSA)、独ダイムラーに対する需要が低迷した。仏ルノーは、小型車「ダチ ア・ロガン」が好調で、販売台数を伸ばした。

ACEAが電子メールで配布した資料によれば、1-11月期の欧州販売台 数は前年同期比1.1%増の1480万台。

ドイツが1月に実施した付加価値税の税率引き上げが年間の乗用車販売 に影響を与えている。ACEAは資料で、「原油相場高騰や購買力の低下、規 制改正など」が欧州の需要を損ねていると指摘した。

メーカー別の11月の販売台数は、VWが7.2%減の25万5825台。PSA が2.1%減の15万6634台。一方、ルノーは11%増の11万3958万台。同社の ルーマニア部門「ダチア」が64%増の1万7581台となったことが寄与した。

ダイムラーは3.9%減の7万600台。同社のメルセデス・ベンツ部門は

8.8%減だった。独BMWは17%増の7万3531台。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE