財務次官:サブプライムの波紋広がる-米欧中銀の措置で市場安定期待

財務省の津田廣喜事務次官は13日夕の記者 会見で、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題につい て、「サブプライムの問題があちこちに波紋を広げている」との認識を示した上 で、市場に対する影響については「政策当局なのでコメントは控える」と語っ た。

米欧の主要中央銀行が12日、短期金融市場に大量の資金を供給する方針を 表明したことについては、「国際金融市場の安定に役立つことをわれわれは期待 している」とした上で、財務省としては「引き続き市場の動向や経済の動向に 注意し、しっかり対応をしていきたい」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE