米シティグループ:ドラスキン最高業務責任者が退任へ-年末に

米銀最大手シティグループのロバート・ド ラスキン最高業務責任者(COO、60)が退任することが13日分かった。シテ ィでは11日にビクラム・パンディット氏が新最高経営責任者(CEO)に就任 している。

ドラスキン氏は13日付の社内文書で、年末に退任する意向を明らかにした。 シティの広報担当者シャノン・ベル氏は文書の内容を肯定した。ドラスキン氏 は1991年にシティに加わり、2006年12月にCOOに就任していた。

同氏は文書で「シティが新しい時代に入ろうとしている今は、社を去る良 い時期だと考えた」と述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE