【注目株】新日石、不動産株、キッコマン、東海カボン、TIS(2)

更新日時

14日の材料銘柄は以下の通り。

新日本石油(5001)など5社:同社や国際石油開発帝石ホールディングス (1605)、石油資源開発(1662)、日揮(1963)、日本郵船(9101)の5社が、 リビアで製油所建設の交渉を進めていることが明らかになったと14日付の日 本経済新聞朝刊が伝えた。日量20万バレル級の精製能力を想定、事業費は 5000億円規模の見通し。

JFEホールディングス(5411):傘下のJFEスチールの馬田一社長が 13日、2011年度までに粗鋼生産能力を現在より1割増の年3300万トンにする 計画を表明。関連投資は1500億円を見込む。

小売株:日本経団連は13日、大手企業の07年冬のボーナス交渉の妥結結 果(最終集計)を発表。妥結額(加重平均)は06年冬に比べて0.93%増の89 万2318円と3年連続で過去最高を更新した。

長谷工コーポレーション(1808)など不動産関連:不動産経済研究所が13 日午後に発表したマンション市場動向によると、07年11月に首都圏で発売さ れたマンションは前年同月比43.6%減の3868戸となった。3カ月連続の減少。 マンション価格の上昇で購入意欲が低下し、在庫が増加していることなどが供 給戸数の減少につながった。11月に4000戸を割り込んだのは16年ぶり。

キッコーマン(2801):タイ工場で「デルモンテ」ブランドの加工食品を 本格生産すると14日付の日本経済新聞朝刊が報道。アジアでのデルモンテ事 業は米社からの仕入れ販売が中心だが、今後は自社工場による生産を拡大させ て利益率を高める考えという。

東海カーボン(5301):07年12月期連結純利益は前期比51%増の120億 円程度になりそうだと14日付の日本経済新聞朝刊が報じた。従来予想は38% 増の110億円。主力の電炉向け黒鉛電極が韓国向けなど輸出を中心に伸びるこ とが要因。

TIS(9751)、インテックホールディングス(3819):情報サービス事 業の競争力を強化するため、経営統合すると発表した。株式移転により両社の 株式はそれぞれ上場廃止となり、新たに設立する共同持株会社が東証に新規上 場申請をする。TISの普通株1株に対して、共同持株会社の普通株式1株、 インテクHの普通株式1株に対して共同持株会社の普通株式0.79株を割り当 てる。共同持ち株会社の設立日(登記日)は08年4月1日の予定。

ホンダ(7267):ブラジルでの二輪車生産能力を09年までに3割強増や し、年200万台程度に引き上げる、と14日付の日本経済新聞朝刊が報じた。 インド、中国を含めた3カ国での生産能力は09年に1000万台に乗る見通しと している。

ノーリツ(5943):米系投資ファンドのスティール・パートナーズは11 月30日、投資先のノーリツに企業価値向上への提言書を提出した。営業利益 率や自己資本利益率が同業他社より劣るとして、不採算事業のシステムキッチ ン・バスからの撤退と主力温水器事業への集中、自社株取得による過剰資本解 消などを提案した。スティールがサイトで13日明らかにした。

CFSコーポレーション(8229):13日に開いた臨時取締役会で、筆頭株 主イオン(8267)から受けていた、調剤薬局最大手アインファーマシーズ (9627)との統合見直しの要請を拒否することを決めたと発表。来年1月22 日に臨時株主総会を開き、統合案の是非を諮ることも決定した。

東京ドーム(9681):08年1月期第3四半期累計(2-10月)の連結経 常利益は前年同期比34%増の111億2800万円となった。不採算のゴルフ・リ ゾート事業やファイナンス事業からの撤退で売上高は10%減だったが、持分法 投資損益の改善や支払利息の減少が貢献した。

ソニーフィナンシャルホールディングス(8729):子会社であるソニー生 命保険とソニー銀行の銀行代理業について、関連当局の許認可を取得した。顧 客ニーズの多様化に対応するほか、グループ各社の連携を強化することで総合 金融サービスの提供を目指す。

シーシーエス(6669):08年7月期第1四半期(8-10月)連結業績は、 経常利益が前年同期比11%減の1億8900万円となった。欧州装置メーカー向 けを中心に売り上げは5.3%増となったものの、採用増加によって人件費負担 が拡大したほか、プロジェクト立ち上げ費用も利益を押し下げた。

オー・エイチ・ティー(6726):過年度の決算について修正を要する可能 性が判明したと発表。過年度決算の確認や調査を行う必要から、14日に予定し ていた07年10月中間決算発表が遅延する見込み。同時に中間期連結純損失が 5億2100万円(従来1億9700万円)へ拡大すると発表したが、同数値も現時 点での予想値であり、再修正が必要な場合は開示するとしている。

住友鋼管(5457):流通性向上と投資家層拡大のため、現行1000株の単 位株式数を08年2月1日から100株へと引き下げると発表。

キヤノン(7751):同社が実施していたトッキ(9813)への株式公開買い 付けは約732万株(発行済株式数の37.82%)の応募があり、12日で終了した と発表。28日を払込期日とする第三者割当増資により、連結子会社となる予定。

コスモ石油(5007):保有する協和発酵工業(4151)の株式について、キ リンホールディングス(2503)の公開買い付けに応募した約194万7000株の うちの79万5000株を譲渡したと発表した。有価証券売却益6億6000万円を 08年3月期の特別利益に計上する。

くらコーポレーション(2695):08年10月期単独の経常利益は前期比 17%増の35億円となる見通し。新規出店を前期の24店から35店へと加速さ せることなどが貢献する。

古河電気工業(5801):特殊ケーブルなどを製造する子会社の理研電線 (5808)を完全子会社化する。理研線1株に古河電工0.35株を割り当てる株 式交換により、08年4月1日付で現在保有していない全株式を取得する。この 株式交換で古河電工は272万1503株、株価終値換算で13億円規模の新株を発 行する。

神島化学工業(4026):08年4月期の連結経常利益予想を2億円(従来7 億3000万円)へと引き下げた。住宅建材業界の落ち込みで不燃建材部門が低 迷しているうえ、エネルギーコスト上昇も響く見込み。

ザ・パック(3950):07年12月期末の配当予想を17円から20円(年間 では34円から37円)へ引き上げた。株式還元のため、創立55周年記念配当 3円を加える。

ハルテック(5916):大阪工場跡地の固定資産売却により、08年3月期の 連結最終損益が9億5000万円の黒字(従来予想4億5000万円の赤字)になる 見通しだと発表した。財務体質の改善と経営資源の有効活用を図るのが目的。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE