米シティ株の空売り勧める-新CEOの古巣モルガン・スタンレー

米証券大手モルガン・スタンレーは12日、 米銀シティグループ株の空売りを勧めた。シティでは、元モルガン・スタンレ ー幹部のビクラム・パンディット氏が11日に最高経営責任者(CEO)に就任 したばかり。

モルガン・スタンレーのシティ担当アナリスト、ベッツィ・グラセック氏 は12日付けのリポートで、「2008年の空売りの筆頭銘柄としてシティを勧める」 と記述した。同氏は「業績は悪化」しており、「新経営陣は事業分割よりも減配 を選ぶと思われる」と指摘した。さらに、シティは増資が必要になり、利益希 薄化につながるだろうと付け加えた。

シティの広報担当者はコメントを控えた。

グラセック氏はシティの目標株価を28ドルに引き下げた。ニューヨーク時 間午後零時29分(日本時間13日午前2時29分)現在の株価は31.71ドル。同 氏は、パンディット氏のCEO就任は「短期的には」シティにプラスとなるも のの、シティの株価はまだ底を打ってはいないとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE