FRB声明:短期金融市場の「圧力」に対処、効率的に流動性配分へ(2)

米連邦準備制度理事会(FRB)が12日 発表した声明の抄訳は以下の通り。

カナダ銀行とイングランド銀行、欧州中央銀行(ECB)、FRB、スイ ス国立銀行(SNB)は12日、短期金融市場で高まる圧力に対処するため、以 下の措置を発表した。

FRBの行動

FRBの承認に基づき、一時的なターム・オークション・ファシリティー (TAF)を創設したほか、連邦公開市場委員会(FOMC)の承認を得て、 ECBとスイス国立銀行との通貨スワップ協定を結んだ。

FRBはこのTAFに基づき、連銀貸し出し窓口で使用可能な各種担保を 裏付けに、預け入れ銀行に対してターム物資金を入札する。TAF入札には管 轄地区連銀からおおむね健全な財務状況との判断を受けた預け入れ銀行、連銀 窓口でのプライマリー貸し出しを受けられる金融機関すべてが参加できる。貸 し出しは100%担保の裏づけが必要とされる。FRBは通常の公開市場操作よ りも対象金融機関と担保範囲を拡大してターム資金を供給することで、無担保 の銀行間市場がひっ迫している環境において流動性のより効率的な配分を促進 できると判断した。

TAF入札はいずれも供給額を固定、金利(最低応札金利の制約を受け る)は入札によって決定される。初回入札は17日で金額は200億ドル、決済日 は20日。期間は28日間で償還は2008年1月17日。第2回入札は20日に実施 し、金額は最大200億ドル。期間は35日間で08年1月31日に償還。3回目と 4回目は来年1月14日、28日に実施。いずれも決済日はその週の木曜日。金 額は1月に入ってから決定する。FRBは市場の展開次第では、これ以降も入 札を続けて実施する可能性がある。

FOMCは一時的な相互通貨協定(スワップ協定)をECB、SNBと結 ぶことを承認した。この協定は最大200億ドルをECBに、40億ドルをSNB に供給するもの。FOMCはこの協定の期間を最長6カ月として承認した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE