米財務長官、製品の安全性を最優先議題に格上げへ-米中戦略経済対話

ポールソン米財務長官は、中国との貿易の 有益性を自国民に納得させる上で、輸入品の安全性の問題を米中戦略経済対話の 最優先議題とする予定だ。

今回で3回目となる両国の戦略経済対話は、12日から北京で始まる。ポー ルソン長官は7日、ワシントンでのインタビューで、過去2回の対話では人民元 の上昇ペースが主な焦点だったが、今回は製品の安全性がそれに取って代わるこ とになるとの考えを表明している。

有毒なペットフードなどに対する米消費者の怒りが保護主義の高まりにつな がり、主要国で最も高い経済成長を達成している中国との貿易に支障がでること への懸念から、ポールソン長官は方針を転換してきている。同長官にとってま た、この問題は通貨問題より成果を得る公算が大きく取り組みやすいものだろう とアナリストは指摘する。

ピーターソン国際経済研究所のエコノミスト、ゲーリー・ハフバウアー氏は 「食品の安全性の問題は、平均的な米国民により訴える議題だ」とし、「この問 題は、両国が協力して解決策を見いだしたいと考える共通の問題でもある」と語 った。同氏は以前米財務省で貿易問題を担当した経歴を持つ。

今回の北京での経済対話には、シュワブ通商代表部(USTR)代表、グテ ィエレス商務長官、レビット厚生長官、コナー農務長官代行、ジョンソン環境保 護局(EPA)長官も同行する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE