米TI:株価上昇-携帯電話向け半導体の売り上げ改善見通しを好感

11日の米株式市場で、携帯電話向け半導体 生産1位の米テキサス・インスツルメンツ(TI)の株価がここ8カ月で最大の 上げとなった。TIが新たに示した売上高見通しが、携帯向け半導体需要の予想 以上の力強さを示唆したことが好感された。

TIは10日、2007年10-12月(第4四半期)の売上高が35億-36億 6000万ドルになるとの見通しを発表。10月時点の予想の34億-36億8000万ド ルからレンジ下限を引き上げた。

携帯電話メーカーからの受注増が、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニ ケーションズなどの一部顧客からの受注減を補っている。10月時点の見通しは アナリスト予想を下回り株価急落を招いたが、今回の予想は株主に安心感をもた らした。

TIの株価終値は、前日比26セント(0.8%)高の32.93ドル。一時は

34.60ドルと、4月以来の大幅な上げとなった。10日までの今年の上昇率は 13%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE