ACCES:ドコモ、NEC、松下と覚書締結-携帯端末ソフト開発

東証マザーズ上場で、携帯端末向けソフト ウエア開発のACCESSは11日、NEC、松下電器産業、エスティーモ、NT Tドコモの5社間で、携帯端末向けソフトウエアのパッケージソフト開発の検討 を開始することで10日に覚書を締結したと発表した。米グーグルが11月に携帯 電話向け基本ソフト(OS)・プラットフォームへの参入を決めたことから、端 末ソフト関連開発競争の激化が予想されるため、国内メーカーが団結して世界市 場向けの高機能端末の開発を加速させる。

具体的な合意事項は、①ACCESSが開発・提供している新プラットフォ ーム 「ACCESS LinuxPlatform(ALP)」を活用し、ドコモの開発プラ ットフォームも活用し、高機能なプラットフォームの開発を行うこと、②携帯端 末で利用できるドコモ独自のサービスに関連したソフトウエアであるオペレータ パックの検討を行うこと-の2つ。開発された製品の第一弾は、NTTドコモの サービス向けとして、2009年度の製品化の開発を予定している。

エスティーモは2006年10月にNECと松下とパナソニック・モバイルコミ ュニケーションの3社が携帯端末の共同開発のために設立した合弁会社。3社は 共同で、開発コスト削減や開発期間の短縮などを目指して事業を開始していた。

-- Editor:Tetsuki Murotani Eijiro Ueno

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +81-3-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

ニュース:JBN18 企業 NI KIGYO NI COS 日本経済 : NI JEALL NI TOPJ 日本語全記事 : NI JNEWS 全日本語 ニュース : NI JPALL 日本 : NI JAPAN アジア : NI ASIA NI TYO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE