クレディS:来年はFOMCが追加利下げ、ECBは据え置きへ

クレディ・スイス・グループは2008年 の欧米政策金利について、米連邦公開市場委員会(FOMC)は引き続き金利 を引き下げる一方、欧州中央銀行(ECB)は現在の水準(4%)で据え置く との見通しを示した。

同社のグローバル・エコノミクスの責任者アンジャ・ホッチバーグ氏は、 FOMCは11日に開かれる会合を含めて計3回、0.25ポイントずつ利下げを 実施し、最終的にフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を3.75%まで引き 下げる可能性があると指摘した。

ホッチバーグ氏は10日、記者団に対し、「2008年の主な障害は米国経済 だろう」と述べ、来年の世界経済の成長ペースは「より穏やか」もしくは 「5%をやや下回る」との見通しを示した。

一方、同氏はスイスの中央銀行であるスイス国立銀行は2008年初めに政 策金利を0.25ポイント引き上げて3%に設定する可能性があると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE