10月のドイツ輸出:前月比0.6%増-ユーロ高でも予想外のプラス(2)

ドイツ連邦統計庁(FSO)が10日発表し た10月の同国の輸出(営業日・季節調整済み)は前月比で0.6%増と、市場予 想に反してプラスとなった。欧州最大の経済大国であるドイツの企業が、ユーロ 高に対応していることを示唆する結果となった。9月は前月比0.6%増に改定さ れた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト11人の予想中央値では、 10月は前月比変わらずと見込まれていた。前年同月比では6.3%増だった。

対ドルで最高値水準にあるユーロの影響でドル建ての海外売り上げが目減り するなか、中国などの新興市場や欧州からの需要がドイツの輸出を下支えしてい る。10月の製造業受注指数は、海外売り上げの急増から4カ月ぶりの大幅上昇 を示した。

ABNアムロ・ホールディングのエコノミスト、ドミニク・ホワイト氏(ロ ンドン在勤)は「ドイツ企業は、ユーロ圏のほかの多くの企業よりも競争力が改 善している」と指摘し、「他国の企業ほど、ユーロ高による悪影響は感じていな い」と述べた。

10月の輸入は前月比で0.2%、前年同期比で5.2%それぞれ増加。貿易黒字 は187億ユーロ(約3兆600億円)となり、9月の181億ユーロから拡大した。 営業日・季節調節済みの貿易黒字は182億ユーロ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE