日本株は小反落、米大幅利下げ期待の後退と原油安-輸出や資源株安い

東京株式相場は4営業日ぶりに小幅反落。 米連邦公開市場委員会(FOMC)を11日に控えて投資家は積極的に上値を追 いづらかった。前週末7日に発表された米雇用統計で同国の景気の底堅さが示さ れ、大幅な追加利下げ期待が後退したため、京セラやファナックといった輸出関 連株の一角が下落。原油相場の下落から新日本石油などの石油関連株も売られた。 また新興国の経済成長を背景に買われてきたコマツなどの機械株、JFEホール ディングスなどの鉄鋼株も下げた。東証業種別33指数は24業種が安い。

新光証券の倉持靖彦投資戦略室長は「外部環境の影響を強く受けている状況 に変わりない。前週から相場は戻り歩調となったが、これがどこまで続くのか。 FOMCや、今後始まる海外投資銀行の決算に注目しなくてはいけない」と話し ていた。

日経平均株価終値は前週末比31円98銭(0.2%)安の1万5924円39銭。 TOPIXは同3.25ポイント(0.2%)安の1558.51。東証1部の売買高は 概算で18億2467万株と、活況目安の20億株を下回った。東証1部の騰落状 況は値上がり696、値下がり929。

0.25%か0.5%か

週明けの日経平均は先物主導で小幅続伸して始まったものの、すぐに下落に 転じ、一時は100円以上下げた。午後に入ると17円安まで下げ幅を縮める場 面もあったが、上げに転じる力はなかった。7日までの3日間で476円上昇し、 急ピッチの上げに対する警戒感が漂う中、FOMCでの利下げ幅が不透明である ため、投資家は積極的に上値を買いにくい状況だった。

三菱UFJ証券の藤戸則弘投資情報部長は「今後の株式相場が上昇するか下 落するかは利下げの幅次第だ。0.25%であれば利益確定売りが先行し、0.5% ならば年末年始高となる可能性が高い」と指摘する。

足元では0.5%の利下げシナリオが後退している。ブルームバーグ・プロ フェッショナルで、FF金利の先物相場から算出した市場が予想している利下げ 度合いを見ると、8日時点で4.5%から4.0%に0.5%引き下げるとの見方が 26%と、7日時点の36%から減少した。一方、0.25%引き下げるとの見方は 74%と、64%から上昇している。

背景にあるのが、前週末に発表された11月の雇用統計だ。非農業部門雇用 者数が前月比9万4000人増加と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値(8万人増)を大幅に上回った。米国景気が予想以上に底堅 いことが示されたため、大幅な追加利下げ期待が後退した。

原油関連株の下げ目立つ

原油関連株の下げが目立ち、鉱業や石油・石炭製品指数は東証業種別33指 数の値下がり率上位に入った。在庫が今冬の需要を満たすのに十分あるとの見方 から前週末7日のニューヨーク原油先物相場が反落したことを受け、在庫評価益 の減少が懸念された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている 原油先物1月限は7日、前日比1.95ドル(2.2%)安の1バレル=88.28ド ルで終えた。

銀行や小売りなど内需株が堅調

半面、投資資金は割安な内需関連株に向かった。三菱UFJフィナンシャ ル・グループなどの大手銀行株が終日堅調だったほか、イオンなどの小売株、ミ レアホールディングスなどの保険株が買われた。

TOPIXニューインデックスシリーズでは、コア30指数のみが上昇。上 昇寄与度上位には、三菱UFJフィナンシャル・グループやソニー、NTT、キ ヤノン、武田薬品工業、JT、三井住友フィナンシャルグループ、セブン&ア イ・ホールディングスなどが並んだ。

--共同取材:柿崎 元子 Editor:Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 常冨 浩太郎 Kotaro Tsunetomi +81-3-3201-2089 ktsunetomi@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nicolas Johnson +81-3-3201-8343 nicojohnson@bloomberg.net

企業ニュース 株式に関するニュース 地域別ニュース 銘柄コード<EQUITY>CN NI STK 日本 NI JAPAN 銘柄コ-ド<EQUITY>BQ NI JPS アジア NI ASIA JBN2

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE