東京外為:ドル・円がもみ合い、米FOMC後の株価動向を警戒

東京外国為替市場ではドル・円相場は1ド ル=111円台半ばから後半を中心にもみ合った。米国で雇用の伸びが市場予想を 上回ったことで、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題が実 体経済に悪影響を及ぼすとの懸念が緩和。ただ、11日の米連邦公開市場委員会 (FOMC)での利下げが小幅にとどまるとの見方を背景とした株安・円買い 警戒感や、サブプライム関連の損失拡大懸念も根強く、ドルの上値は抑えられ た。

みずほコーポレート銀行国際為替部の宮地崇調査役は、朝方は一部金融不 安の再燃などで、ドルの下値を試す動きが先行したあと、その後は国内実需関 連の売り買いが交錯して、上下ともに限定的になったと説明。その上で、「FO MCを控えて、利下げ幅が0.25ポイントにとどまり、声明文で米景況感にネガ ティブな文言が示された場合は、米株の下落につながる可能性があり、ドルの 上値は重い」とみている。

ドルは午後に111円86銭に上伸

前週末の海外市場で米雇用統計の強含みを受けてドルの買い戻しが進んだ 流れを引き継ぎ、ドル・円相場は111円台後半で週明けの東京時間早朝の取引 を開始。朝方は111円35銭までドル安・円高が進んだものの、公表仲値が設定 される午前10時にかけては、国内輸入企業のドル買いで、111円台後半までド ルが値を戻した。

一方で、ドルの戻り局面では、国内輸出企業のドル売り需要が待ち構えて いることから、ドルの上値も限定され、午後の取引にかけては111円台後半を 中心にこう着した相場展開が続いた。

午後の取引では、クロス・円(米ドル以外の通貨と円の取引)全般で円売 りが広がり、ドル・円相場は一時111円86銭(ブルームバーグ・データ参照、 以下同じ)と、11月9日以来、約1カ月ぶりのドル高値を更新した。

しかし、午後3時過ぎに資産規模で欧州最大の銀行のUBSがサブプライ ム関連の評価損を計上することを明らかにしたことが伝わると、再びドル売 り・円買いの動きが強まった。

こうしたなか、ユーロ・円相場は前週末の海外市場で一時1ユーロ=163円 90銭と、11月14日以来の水準までユーロ高・円安が進行したが、週明けの東 京市場では163円20銭まで円が買い戻される場面もみられている。

米雇用堅調もFOMC後の株価動向を警戒

米労働省が7日に発表した11月の雇用統計では、非農業部門の雇用者数が 市場予想を上回る伸びとなったほか、10月分も上方修正された。これを受けて、 市場では11日のFOMCで政策金利のフェデラルファンド(FF)金利誘導目 標が0.5ポイント引き下げられるとの観測が減少した。

大幅利下げ期待が後退したことで、7日の米株式市場では、3株価指数の うち、S&P500種株価指数とナスダック総合指数が下落。この日の東京市場で は、日経平均株価がマイナス圏で上値の重い展開となった。

ソシエテ・ジェネラル銀行外国為替営業部の湯本健一ヴァイスプレジデン トは、「雇用統計の改善を受けて0.5ポイントの利下げ期待が後退しており、F OMCが期待外れの結果になれば、株価に動揺が走る可能性がある」として、 株高・円安というシナリオが崩れ、円の買い戻しが進む展開もあり得るとみて いる。

サブプライム関連の損失懸念くすぶる

こうしたなか、スイスのUBSは10日に電子メールで配布した資料の中で、 サブプライム関連投資で評価損を計上する見通しを明らかにした。また、10- 12月期の赤字見通しに加えて、2007年通期でも赤字になる恐れがあるという。

みずほコーポ銀の宮地氏は、「今週後半には一部金融機関の決算発表が控え ており、神経質な値動きが予想されている」といい、サブプライム住宅ローン に関連した金融機関の損失拡大懸念から、ドルの下値不安が払しょくされにく い状況が続きそうだ。

--共同取材:柿崎元子 Editor:Norihiko Kosaka,Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

円に関するニュース JPY <Crncy> CN ユーロに関するニュース EUR <Crncy> CN ドルに関するニュース USD <Crncy> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE