米シティグループ:新CEO選出の取締役会、来週に開催も-関係者

米銀最大手シティグループは来週、11月 に辞任したチャールズ・プリンス氏の後任となる最高経営責任者(CEO)を 選ぶ取締役会を開く可能性が高い。事情に詳しい関係者が明らかにした。

関係者が7日述べたところによれば、シティは当初、10日から2日間の取 締役会でCEO候補者について協議する予定だったが、決定を遅らす公算も大 きいという。同行のトレーディングと投資銀行業、オルタナティブ投資の責任 者を務めるビクラム・パンディット氏(50)が有力候補だという。

プリンス氏は、シティがサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅 融資)関連投資で巨額の損失を公表した後に辞任。同行の取締役会は、株価下 落と住宅関連資産の損失に歯止めを掛ける最適の人物を見いだすことが求めら れている。

パンディット氏は、同氏のヘッジファンドをシティが8億ドル(約890億 円)で買収したことから、同行に入行。以前は米証券大手モルガン・スタンレ ーに22年間、在籍していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE