米財務省:バークレイズの一部商品に優遇税制適用できないと指摘

米財務省は7日、英銀バークレイズが販売 する為替関連の金融商品の一部には、同行が広告しているような優遇税制が適 用されないと発表した。

同省は同日付の公告で、問題の為替関連の上場証券は課税対象だと指摘し た。デリバティブ(金融派生商品)の1つであるこの商品を多く扱うバークレ イズは、保有者には免税措置があるとしていた。公告はこの問題についてのコ メントを広く求めている。

バークレイズは、ポンドと円、ユーロに関連するこの商品を、子会社「i パス」を通じて販売。iパスのウェブサイトによれば、一般的には売却するま で課税対象となる所得は生じないとしている。バークレイズの広報担当、ラン ス・バーグ氏は、公告を見ていないとして、コメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE