町村官房長官:米国産牛肉輸入制限30カ月以下への緩和を検討

町村信孝官房長官は7日午後の記者会見で、 米国産牛肉の輸入制限措置の撤廃・緩和問題について20カ月以下としていた月 齢制限の30カ月以下への緩和を食品安全委員会に諮問する検討をしていること を明らかにした。ただ、諮問には制限撤廃を求めている米国側との合意が条件と なるとの考えも強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE