官房長官:6カ国協議プロセス前進へ、協力再確認訴え-米大統領親書

町村信孝官房長官は7日午前、閣議後の記 者会見で、ブッシュ米大統領が福田康夫首相に対し、北朝鮮の核問題をめぐる6 カ国協議のプロセスを前進させるため、引き続き日米両政府が協力していくこと を呼び掛けた親書を作成していることを明らかにした。

町村氏によると、親書は7日に米国のヒル国務次官補が外務省の佐々江賢一 郎アジア大洋州局長と会談し、正式に手渡す。町村氏は6日にその写しを見たと いう。

この中で、町村氏は親書の内容について「一言一句申し上げることはできな いが、重要な時期にさしかかっている。プロセス前進のために日米間で緊密に協 議協力していこうということを再確認するような趣旨」と紹介した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE