米ユナイテッドヘルス前CEO、6億ドル払い戻しへ-不正報酬問題で

米医療保険最大手ユナイテッドヘルス・グ ループは6日、ウィリアム・マグワイア前最高経営責任者(CEO)がストッ クオプション(自社株購入権)の付与日操作により不適切な報酬を受け取った とされる問題で、6億ドル(約668億円)超を同社に払い戻すことで合意した と発表した。

同社が電子メールで配布した資料によれば、大株主のオハイオ州などの年 金基金が2006年に同社幹部を相手取って起こした裁判の和解費用として、他の 現旧幹部は合わせて約3億ドルを支払う予定。マグワイア前CEOは米証券取 引委員会(SEC)とも和解した。

ブルームバーグ・ニュースのデータによれば、裁判所の認可が下りれば、 今回の年金基金との和解額は株主代表訴訟で過去最大規模となる。原告側弁護 団は、スティーブン・ヘムスレー現CEOが2億4000万ドルを払い戻すことを 明らかにしたが、同社によれば同CEOは既に自主的に返還したという。

訴えでは、マグワイア前CEOとヘムスレー現CEO、その他の幹部18人 が「不正なストックオプション操作」にかかわり、幹部らに「数十億ドルもの 報酬をユナイテッドヘルスの直接の費用から棚ぼた式に」提供したとされてい る。マグワイア前CEOの代理人、デービッド・ブロツキー氏はコメントを求 める電話に今のところ回答していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE