アルセロール・ミタル:中国東方集団の未保有株取得に向け提案へ(2)

世界最大の製鉄会社、オランダのアルセロ ール・ミタルが、中国の鉄鋼メーカー、中国東方集団の未保有株を129億香港 ドル(約1840億円)以上の価格で買収する提案を行う見通しであることが7日 までに分かった。

香港証券先物取引委員会(SFC)は6日、アルセロール・ミタルが東方 集団の株式45%を保有する韓敬遠・東方集団会長の協力を得て別の株主から 28%株式を取得したことを受け、未保有株を取得する提案を行わなければなら ないと指摘した。

買収が実現すれば、アルセロール・ミタルのラクシュミ・ミタル最高経営責 任者(CEO)は、中国鉄鋼メーカーへの外資規制を回避できる可能性がある。 両社の発表資料によれば、アルセロール・ミタルは中国東方集団を香港に上場 し続ける計画。

大和証券グループのアナリスト、ヘレン・ラウ氏(上海在勤)は「アルセ ロール・ミタルは、中国東方集団の上場維持によって中国での事業拡大を見据 え、香港市場での資金調達手段を得ることになる」と指摘した。

SFCの発表資料によれば、アルセロール・ミタルは、韓会長の持ち株取 得に向けても協議を進めていた。韓会長への取材ではコメントが得られなかっ た。

SFCによれば、アルセロール・ミタルによる東方集団の未保有株取得で は、1株当たりの取得額は11月に陳甯甯氏から28%を取得した際の提示額

6.12香港ドルと同額の必要がある。これは11月6日の株価(5.40香港ドル) を13%上回る水準。同株は翌日の11月7日から売買停止となっている。ブルー ムバーグ・ニュースのデータによれば、東方集団は総額179億香港ドルと評価 されることになる。

両社の発表資料によると、アルセロール・ミタルは東方集団に対し、中国 国内での鉄鋼生産事業への技術移転や、鉄鉱石と石炭の供給を行う予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE