【個別銘柄】鉄鋼、建設、大京、ティアク、バルス、ウェブマ、シスP

更新日時

7日の日本株市場における主な材料銘柄の 動きは次の通り。

鉄鋼株(5401、5411、5405、5406など):新日本製鉄が2.6%高の666円、 住友金属工業が5.9%高の487円、JFEホールディングスは4.5%高の5850円、 神戸製鋼所は3.7%高の364円。いずれも午後に上げに拍車がかかった。鉄鋼株 指数は東証1部業種別上昇率でトップ。世界最大の製鉄会社、オランダのアルセ ロール・ミタルが7日、中国の鉄鋼メーカー、中国東方集団を買収する計画を明 らかにしたことを受け、業界再編期待が高まった。

建設株(1925、1928、1868、1878など):大和ハウス工業など住宅を中心 とする建設株の上昇が目立った。大和ハウスは6.5%高の1597円、積水ハウス は3.5%高の1340円、三井ホームは4.0%高の493円。自民党税制調査会が 2008年度税制改正で、個人向けの住宅優遇税制を延長・拡充する方針を固めた と、7日付の日本経済新聞朝刊が伝えたことを受け、低迷する住宅投資への下支 え期待が浮上した。5.2%高の5690円で終えた大東建託は、11月の受注高が前 年同月比2.1倍の595億円を記録したことも押し上げ要因となった。

不動産株(8801、8802、8830、8815、8804など):三井不動産が2.3%高の 2865円、三菱地所は2.1%高の2975円、住友不動産は3.0%高の3410円など、 大手を中心に軒並み高。米国政府がサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅 ローン問題に対する対策を発表したことで、世界的な景気への悪影響を警戒する 動きが弱まり、日本国内のオフィス賃貸事業の好調などがあらためて注目された。

大京(8840):5.4%高の334円と大幅続伸。軒並み高となった不動産株の 中でも一際上げが目立った。一部報道で台湾に進出すると伝えられたことをきっ かけに、海外事業に再進出して収益を稼いでいくとの期待が高まった。筆頭株主 のオリックス(8591)も同4.1%高の2万2500円と3日続伸。

野村ホールディングス(8604):0.7%安の2045円。2010年度をめどに株 式会社に転換、上場を目指すことになった第一生命保険の主幹事に指名されると の観測が注目を集める中、米国政府によるサブプライム住宅ローンの救済策を好 感して日経平均株価が約1カ月ぶりに1万6000円を回復、相場好転への安心感 から一時1.2%高の2085円まで上げたが、徐々に売りに押される展開となった。

牧野フライス製作所(6135):8.3%高の884円と大幅続伸。投資家の短期 的な売買コストである25日移動平均線(839円)を約2カ月ぶりに回復した。 米国の航空機向けが好調で海外受注が伸びたことから、収益に対する楽観的な見 方が広がった。

ダイフク(6383):2.0%高の1604円と3日続伸。液晶パネルメーカーや自 動車メーカーの設備投資回復に伴い、同社の液晶物流システムや自動車向けコン ベヤシステムなどの引き合いが今後増えるとの見方を一部アナリストが示し、収 益拡大を期待した買いが優勢になった。11月15日に発表した9月中間決算で、 自動車向け搬送システムが国内外で伸び、売上高、利益とも過去最高となったこ とを背景に、同社株はこのところ上昇基調を続けている。

バルス(2738):12%安の7万3900円で、東証1部の値下がり率トップ。 朝方から小高い水準で推移していたが、午後2時半過ぎに急落した。ただ、その 直後から買い戻され、買い気配値を7万7900円まで切り上げて取引を終了して いる。

住友化学(4005):1.7%高の980円と続伸。一部新聞報道で、同社が現在 サウジアラビア国営会社と共同で進めている石油化学分野での合弁事業で、新た な拡張を目指してサウジ側と調整に入ったと報じられており、収益への貢献を期 待した買いが入った。朝方に998円まで買われ、約1カ月ぶりの1000円回復が 目前に迫ったが、その後伸び悩んだ。

セシール(9937):11%高の332円と大幅続伸。25日移動平均線(315円) を1カ月ぶりに回復した。秋冬カタログの売り上げが好調に推移し、11月の売 上高が前年同月比で2カ月連続増となったことを受け、収益の伸びが期待された。

ティアック(6803):18%高の113円。東証1部の値上がり率首位。任天堂 (7974)や米アップル製品の世界的なヒットが、関連部材メーカーの業績を押し 上げていると、7日付日本経済新聞朝刊が報じたことが支援材料となった。同紙 では、ティアックはアップルの携帯音楽プレーヤー「iPod」に接続するスピ ーカーシステムを納入していると伝えている。同様に「iPod」部品を手掛け るとして取り上げられているフォスター電機(6794)は1.0%高の3200円、S MK(6798)が3.2%高の981円。

東京ドーム(9681)5.6%高の625円と急反発。2007年2―10月期の連結業 績は、経常利益が前年同期比33%増の110億円前後になったようだと、7日付 の日本経済新聞朝刊が報道。プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)第2ス テージの3試合が開催されたことなどが寄与したという。

日本通信(9424):9.4%高の4万1750円と4日ぶりに急反発。新株予約権 付社債(CB)などを発行し最大21億円強の調達を実施すると発表。調達資金 はNTTドコモ(9437)の回線を活用したデータ通信サービスなど今後の諸経費 にあてるといい、1株価値の希薄化や株式需給悪化懸念より業績成長が期待され たようだ。

浜松ホトニクス(6965):0.5%高の3940円。一時3990円まで買われ、 2001年6月26日以来、約6年5カ月ぶりの水準を回復した。光電子倍増管では 世界シェア6割を握る光検出器メーカーで、X線画像診断や歯科用シンチレータ など医用向け製品の伸びなどを背景に、アナリストの間でも最高益更新への期待 感が強い。

リコー(7752):0.2%安の2140円と小反落。成長ドライバーの不在によっ て当面は株価上昇のきっかけがないとの見方から、ゴールドマン・サックス証券 がリコー株を買い推奨から削除し、投資判断を中立に引き下げた。

ヤマダ電機(9831):1.1%高の1万3290円と3日続伸。地方の郊外型店舗 では売り場面積の拡張などで更なる収益拡大を図る一方、首都圏ではM&A(企 業の合併・買収)を活用して駅前立地で都市型店を相次いで開設しており、成長 を継続するとの期待が高い。6日開設の新橋店も盛況だったため買いが優勢とな った。

東映(9605):変わらずの711円で終えた。6日午後の取引時間中に、ダヴ ィンチ・アドバイザーズの投資子会社で、筆頭株主であるアルガーブが東映株を 買い増し、発行済み株式の12.40%まで追加取得したことが分かった。保有目的 は、「重要提案行為等」に相当の行動を取ることもあるとしており、今後株主提 案などが行われれば、経営効率が一段と上がると見られ、一時1.7%高の723円 と、4カ月ぶり高値水準に戻したが、買いは続かなかった。

ウェブマネー(2167):ジャスダック取引所の新市場「NEO」に6日新規 株式公開(IPO)。上場2日目のこの日午前9時15分ごろ、公開価格の3.5 倍となる35万円で初値を形成した。前日は買い注文が殺到して買い気配を切り 上げたが、売買が成立しなかった。NEO第2号銘柄として注目されたうえ、資 金調達額が少なく、需給面からも上昇しやすかった。終値は40万3000円。

システムプロ(2317):ストップ高に当たる1万円(12%)高の9万6900 円。携帯電話の高機能化やワンセグなどの新機種発売の増加を背景に、モバイル 事業で品質検証業務が好調だ。ウェブサイト開発のネットワーク・ソリューショ ン事業も伸び、今期(08年10月期)業績は過去最高益を更新すると会社側は見 ており、収益環境の良さを評価する買いを集めた。

リビングコーポレーション(8998):4.2%安の13万6000円と4日続落。 改正建築基準法の影響で建築確認の審査期間が延び、物件の販売が来期にずれ込 むとして、今期(2007年12月期)の業績予想を下方修正した。下方修正は7月 23日に続き2回目。一転して減益見通しとなり、足元の業績低迷を嫌気した売 りが優勢となった。

タカキュー(8166):8.3%安の267円と急反落し、東証1部の値下がり率 3位。6日午後1時に発表した月次売上高情報(速報)によると、スーツなどの 販売が好調で、11月の既存店売上高が前年同月比5.6%増と2カ月ぶりに増加に 転じ、昨年9月来の伸び率を記録した。前日午後はこのことが材料視され、28% 高の291円で終え、東証1部の上昇率1位だった。早くも失速した格好だ。

楽天(4755):0.2%安の5万6200円。UBS証券の武田純人アナリストは 6日、「万物を引き寄せ続ける最強のEC事業者」というリポートを発表。楽天 の投資判断を従来の「中立」から「買い」に、目標株価を6万5000円から6万 8000円に引き上げたことを受け、午前には3.4%高の5万8200円まで買われた が、午後に値を切り下げた。出来高は17万9927株と、前日8万2000株の2倍 以上となった。

日本トイザらス(7645):0.7%安の913円と7営業日ぶりに反落。競争激 化を背景に来店客が減っており、既存店売上高が軟調に推移している。人件費な どのコスト増もあって第3四半期は営業赤字になったため、業績の先行き不安か ら売りが優勢となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE