NZ中銀総裁:政策金利は想定よりも長期にわたり据え置きの公算

ニュージーランド(NZ)準備銀行のアラ ン・ボラード総裁は6日、金利据え置き後にインタビューに答え、金利据え置 きの期間は長引くとの見方を示した。NZ中銀は同日開いた政策決定会合で、 政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レートを過去最高の8.25%で据え 置いた。ボラード総裁のコメントは以下の通り。

◎金利見通しについて:

「われわれは、金利は想定していたよりも長く現行水準にとどまるとの見 方を表明した」

◎ニュージーランドのインフレについて:

「現在のインフレ率は2%未満と望ましい水準だが、次の四半期統計では 技術的要因から高まると思われる」

「それとは別に、中銀は今回、インフレ率が一時的にせよ3%を超えると いう予想を発表した。ニュージーランド経済の需給が相当引き締まっていると ころへ、一段の原油高や食料品の国際価格上昇が加わるためだ」

「従って、来年の大半においてインフレ率は中銀の目標である3%を上回 ると思われる。ただ、来年末を過ぎれば、目標レンジ内の容認可能な水準に戻 るとみられる」

今後の動きは「世界の情勢次第だ。来年の今ごろは双方向にリスクが高ま っているだろう」

◎信用市場の問題について:

「ニュージーランド経済が影響を受けていないことは確かだ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE