加銀CIBC:大幅安-米住宅ローン関連の評価損追加計上見通しで

6日のカナダ株式市場で、同国5位の銀行 カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)の株価が過 去2年余りで最大の下げとなっている。同行が米住宅ローン市場に関連する評価 損を追加計上する可能性があると発表したことが嫌気された。

CIBCの発表資料によれば、同行は11月に2億2500万カナダ・ドル(約 248億円)の税引き前評価損を見込んでおり、税引き前総費用は約10億カナ ダ・ドルになる見通し。また40億カナダ・ドル相当の米住宅ローン担保証券に 関連するデリバティブ(金融派生商品)取引をヘッジしたという。同証券の額面 価格は93億カナダ・ドルだった。

カルドウェル・セキュリティーズで約19億ドル相当の資産運用に携わるジ ョン・キンジー氏は「CIBCはまたもや問題に直面したようだ。他の銀行はこ うした問題の回避に長けているとみられる」と述べた。

CIBCの株価は現地時間午後4時24分(日本時間7日午前6時24分)現 在、4.69カナダ・ドル(5.4%)安の82.40カナダ・ドル。これは05年8月3 日以来の大幅な下げ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE