米トーマス・H・リー、LBO資金81億ドルを調達-買収再び活発化か

米投資会社トーマス・H・リー・パートナ ーズは5日までに、レバレッジド・バイアウト(LBO、買収先の資産を担保 にして資金を調達した買収)のための資金81億ドル(約9000億円)を調達し た。大規模な企業買収案件への融資は最近枯渇気味だったが、トーマスの今回 の資金調達でLBOが再び勢いを取り戻すとの見方が出てきた。

今回の資金調達は、トーマスにとって6回目で過去最高額。事情に詳しい 2人の関係者によると、トーマスは北米企業に焦点を当てる方針だ。以前に調 達した資金で同社は、ダンキン・ブランズやワーナー・ミュージック・グルー プを買収した。

ブルームバーグのデータによると、50億ドルを超える規模の企業買収は、 2007年1-6月には19件に上ったが、7月以降は4件に落ち込んでいる。サ ブプライム(信用力が低い個人向け)住宅ローン関連の損失が他の種類の債務 にも広がるとの懸念が広がったことが背景。ただ情報サービス会社プライベー ト・エクイティ・インテリジェンス(ロンドン)によると、新たな買収ファン ド239本が総額2550億ドルの調達を目指している。

ケンジントン・キャピタル・パートナーズ(トロント)の投資委員会メン バー、リック・ネイサン氏は「50億-100億ドル規模の大型案件はストップし ているが、市場の圧倒的多数は依然として積極的だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE