MBIA株:20年で最大の下落-ムーディーズが資本不足の可能性指摘

金融保証会社MBIA株が5日の米市場で 一時、約20年で最大の下落を演じた。格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスが、MBIAが資本不足に陥り「AAA」の格付けが脅かされる 「可能性がやや高い」と指摘したことがきっかけ。

ムーディーズは5日の発表で、MBIAなど金融保証会社7社の「AAA」 格付けの見直しが2週間以内に完了するとの見通しを示した。ムーディーズは MBIAの資本増強が必要になる可能性は低いとしていた11月の判断を覆した。 MBIAの保有する住宅ローン担保証券を精査した結果だという。

ムーディーズは、MBIAが「資本不足に陥るリスクは当社が先に発表し たよりも高くなった」として、「現時点で、この可能性はやや高いと考えてい る」と表明した。

MBIAが最高格付けを失えば、同社が保証している6520億ドル(約72 兆3400億円)相当の証券の格付けに影響を与えかねない。同社を含め少なくと も8社の金融保証会社が、格下げのリスクに直面している。ブルームバーグ・ データによれば、これら各社が保証している証券の総額は2兆4000億ドルに及 び、格下げされれば2000億ドルの損失につながる恐れがある。

MBIA株はニューヨーク時間午後3時15分(日本時間6日午前5時15 分)現在、5.35ドル(16%)安の27.28ドル。一時は26.69ドルまで下げ、1987 年10月以来で最大の下落だった。同業のアムバック・ファイナンシャル・グル ープも2.42ドル(9.3%)安の23.40ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE