豪BHPはリオへの買収提案を撤回する可能性も-豪サザン・クロス

オーストラリアの証券・投資顧問会社サザ ン・クロス・エクィティーズは、豪BHPビリトンが英豪系リオ・ティントに提 示した1320億ドル(約14兆5300億円)規模の買収提案を撤回する可能性があ るとの見方を示した。

サザン・クロス・エクィティーズの法人取引部門責任者、チャーリー・エイ トケン氏は4日付の調査文書で「BHPがリオの取締役会から推奨を得られない 場合、どのような可能性もあり得る」とし、「BHPがリオを買収するために提 示額を引き上げると考えるのは思慮に欠けると思う」との見方を示した。

ロンドン市場のリオの株式はBHPの提示額を14%上回る価格で取引され ており、投資家が提示額の引き上げを見込んでいることを示唆している。エイト ケン氏は、BHPが買収提案を行って以降、リオのロンドンの株価は27%上昇 しており、投資家はその恩恵を受けたうえで、「リオの株価上昇で利益を上げ、 投資先をBHP株に切り替えるはずだ」との見方を示した。

世界最大の鉄鉱石輸入国である中国の鉄鋼メーカーと同国政府は、BHPが アジアの鉄鉱石市場のほぼ半分を支配するのを阻止するため、リオに対する買収 提案を検討している。エイトケン氏は、中国がリオに買収提案を行う可能性につ いて「いまそこにある危機」であるとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE