FOMC:12月0.5ポイント利下げ確率は50%-先物市場が示唆

米金利先物市場が示す来週の0.5ポイント 利下げの確率が、初めて50%に達した。米国のサブプライム(信用力の低い個 人向け)住宅ローン関連証券による金融機関の損失が膨らむとの懸念を背景に、 米連邦公開市場委員会(FOMC)が来週の会合で0.5ポイントの利下げを実 施するとの観測が高まった。

FOMCがフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.5ポイント引 き下げ4%にするとの観測は過去1週間で大幅に高まった。フロリダ州の投資 基金の解約停止や大手金融機関の損失拡大予想が利下げ観測につながってい る。

パーマネント・ポートフォリオ・ファミリー・オブ・ファンズで運用に携 わるマイケル・クジオ社長は「向こう数四半期に成長が鈍化するというのが一 般的な認識になっている」とした上で、最近までの市場予想よりも「やや大き な利下げは理にかなっているだろう」と話した。

FOMCは既に、9月以来合計0.75ポイントの利下げを実施している。次 回FOMCは12月11日。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE