米フロリダ州投資基金:州当局がブラックロックの資産分割案受け入れ

クリスト知事を中心とする米フロリダ州 当局は4日、州内の自治体向けの同州投資基金(運用資産140億ドル=約1 兆5400億円)の救済に向けて、米投資会社ブラックロックが提案した計画を 受け入れるとともに、同基金の幹部辞任を承認した。計画には、問題のある資 産15億ドル強相当を投資基金から切り離すことが盛り込まれている。

当局はこの日の閣議で、ブラックロックを同基金の暫定運用者とすること も投票で決めた。当局は投資基金の限定的な解約を再び認めることを目指して いる。ブラックロックは州理事会から同基金を引き継ぐ見通しだが、実際の運 用は外部の企業に担当させる。州理事会の幹部、コールマン・スティパノビッ チは辞任した。

資金流出に歯止めをかけたい州理事会が11月29日に解約を停止して以 来、州内の自治体や学区は投資基金に預けた資金に手を付けられなくなってい る。270億ドルに上っていた投資基金の運用資産は資金流出で11月に半分近 く減少した。州理事会は先週、投資基金の保有資産を分析し、解約再開や自治 体政府からの信頼回復の方法について助言を受けるため、ブラックロックを起 用している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE