【注目株】伊藤園、タカショー、田崎真珠、Fリテイリ、アシックス

5日の材料銘柄は以下の通り。

伊藤園(2593):主力の緑茶飲料「お~いお茶」の好調が継続、コーヒーシ ョップ「タリーズ」を展開するフードエックス・グローブの業績も良く、2007 年10月中間期の連結営業利益は前年同期比4%増の133億円となった。据え置 かれた通期計画(245億円)に対する進ちょく率は54.7%。

タカショー(7590):新商品投入に加え、消費者と施行業者を結びつける 「タカショーリフォームガーデンクラブ」の催し強化などで認知度が向上、第3 四半期累計(2-10月)の連結営業利益は前年同期比22%増の7億4500万円と なった。据え置かれた通期計画(7億9500万円)に対する進ちょく率は93.7%。

野田スクリーン(6790):高採算のプリント配線板加工事業が在庫調整の影 響で引き続き弱含んでいるほか、人件費などの経費増加で、第2四半期(8-10 月)の連結営業利益は前年同期比60%減の1億9300万円となった。営業利益率 は17.8%で前年同期から13.6ポイント悪化。下半期からの回復を見込んで通期 業績予想は据え置いたが、10月中間期までの進ちょく率は売上高が45.3%、営 業益が42.4%。

アシックス(7936):4日付のロイター通信などは米スポーツシューズ最大 手のナイキと同社が組み、独アディダスを共同買収すると報道した。アディダス の株式時価総額は約140億ドルで、スポーツ業界では最大のM&A(企業の合 併・買収)となる。アシックスは「当社が発表したものではなく、このような検 討をした事実もございません」との報道資料を、東証を通じて公表した。

田崎真珠(7968):同社の筆頭株主で発行済み株式総数の11.06%を保有す るサハダイヤモンド(9898)が、11月28日までに第50期定時株主総会における 株主提案権行使書を送付していたことが判明した。サハダイヤ取締役の内川昭比 古氏(58)を田崎真珠の取締役として迎え入れるよう求めている。田崎真珠の現 取締役数は12人で、定款上は20人まで枠がある。株主総会開催日は来年1月 25日。

ファーストリテイリング(9983):国内「ユニクロ」事業の11月の既存店 売上高は前年同月比3.2%増だった。中旬以降に気温が低下したことから、冬物 商品の販売が伸びた。

エービーシー・マート(2670):11月の既存店売上高は前年同月比3.0%増。 気温の低下で商品の動きが良くなったほか、降雪のあった北海道など北日本が特 に伸びた。

ユナイテッド・アローズ(7606):11月の既存店売上高は前年同月比4.7% 増。気温の低下で商品の動きが良くなったほか、降雪のあった北海道など北日本 が特に伸びた。

ハイデイ日高(7611):11月の既存店売上高は前年同月比3.1%増となった。 既存店来店客数が同0.8%増と3カ月ぶりにプラスとなったほか、客単価も同

2.3%伸びたことが奏功した。

倉元製作所(5216):独SCHOTT社と韓国で設立した大型TFTガラス 基板加工会社「SKPK」が倉元の連結子会社が納品した設備などに不良があっ たと主張する問題で、SKPK側が申し入れていた倉元側からの貸付金25億円 の清算を受け入れ、3億7500万円の和解金を倉元が負担することでSCHOT T社と合意した。具体的な業績影響額は精査後に公表する予定。

オークワ(8217):ホームセンター事業を展開する持ち分法適用会社「オー ジョイフル」をホームセンター大手DCM Japanホールディングス(3050)に 売却する。保有していた11万2800株(発行済み株式総数の43.4%)すべてを 12月20日付でDCMに売却し、持ち分法適用会社から除外する。

カブドットコム証券(8703):11月の委託手数料は前月比4%減の10億 2100万円だった。前年同月比では14%の増加。株式の現物取引注文が減少した ほか、株式信用も低減した。1日の平均株式注文件数は前月比12%減の7万 3936件。

住友商事(8053):保有していた西友(8268)株式5930万5000株(持ち株比 率6.37%)すべてを米小売最大手ウォルマート・ストアーズが実施していた株 式公開買い付け(TOB)で売却した。住商は2000年に西友に資本参加、02年 に追加出資していた。西友株の下落を受けて住商は07年9月中間決算で有価証 券評価損51億円(税引き後)を計上していたが、今回のTOB応募で19億円 (同)の売却益が出るため、通期で通算すると32億円のマイナス(同)になる という。

富士通(6702):同社の筆頭株主である米投資顧問アライアンス・バーンス タインが同社株式を買い増し、発行済み株式の12.18%を保有していることが明 らかになった。4日提出の大量保有報告書による。一方、次世代高速無線通信 「WiMAX(ワイマックス)」用の半導体やソフトウエアの技術で台湾側と合 弁企業を来年3月に設立する計画も4日に公表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE