米H&R:住宅金融部門のサーベラスへの売却を取りやめ、620人削減

米税務サービス最大手のH&Rブロック は4日、サブプライム(信用力の低い借り手向け)住宅金融部門のオプショ ン・ワン・モーゲージについて、米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジ メントへの売却を取りやめると発表した。

同部門の融資業務を清算する一方、ローンサービス業務は売却先を模索す る。今回の決定により、620人が削減され、税引き前で7500万ドルの損失を 計上する。

マーク・アーンスト前会長兼最高経営責任者(CEO)は同部門が13億 ドルの価値があるとして売却しようとしたが、同部門が10億ドルを超える純 損失を計上したため、辞任に追い込まれた。

リチャード・ブリーデン現会長は発表文で「サブプライム住宅金融からの 撤退を一段と遅れることなく完了することを目指しており、今回の措置でその 目的の大半を達成することができた」との見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE