GCC首脳会議:10年の通貨統合目標を維持-ドルへの言及なし(2)

ペルシャ湾岸の6産油国で構成する湾岸協 力会議(GCC)がカタールのドーハで開いた首脳会議は4日、2010年までに 通貨を統合する目標を維持すると表明した一方、ドル・ペッグ(連動)制の廃 止に関する計画については一切言及しなかった。

会議後の公式声明によれば、GCCの6カ国は引き続き通貨統合に向けた 日程を順守し、1年後に進展状況を精査する。

声明は、「GCCは通貨統合の期限順守に向けた作業を精査し、今後も地域 の連携のため6カ国に対し、経済活動のための金融・財政基準の導入を進める よう方向付けた」としている。

声明はドル下落に対する懸念についても触れていない。カタールのハマド 首相は記者団の質問に対し、「たとえわれわれが話し合ったとしても、そのこと を公表したりはしない」と述べた上で、GCC加盟国はドル下落を「懸念」し ていると説明した。同首相はただ、ドル・ペッグ制の維持を強調し、ドル下落 に対し「パニック」となる必要はないとも話した。

-- With reporting by Zainab Fattah, Abdulla Fardan, Shanthy Nambiar and Glen Carey in Doha and Arif Sharif in Dubai. Editor: Ralph Johnston, Neil Maclucas

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 森 茂生 Shigeki Mori +81-3-3201-3843 smori1@bloomberg.net Editor:Fumihiko Kasahara, Akiko Nishimae 笠原文彦 Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Matthew Brown in Dubai at +971-4-364-1022 or mbrown42@bloomberg.net Zainab Fattah in Dubai on +971-4-364-1027 or zfattah@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Kirkham at +44-20-7673-2464 or ckirkham@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE