ノワイエ仏中銀総裁:米住宅市場の低迷、欧州の景気拡大に影響も

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバ ー、ノワイエ仏中銀総裁は4日、米住宅市場の低迷の余波が欧州の景気拡大に影 響を及ぼす可能性があるとの認識を示した。

ノワイエ総裁はパリで講演し、消費者や企業経営者の景気見通しに関する楽 観的な見方がすでに後退してきていると述べた。同総裁の発言は、米サブプライ ム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響でユーロ圏の景気が低迷する 恐れがあるとする、ECB当局者によるこれまでで最も強い警告となった。

ノワイエ総裁は、米経済から「欧州が切り離され得るというわれわれの希望 に疑問符が付くかもしれない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE